オリコカードに申込するときの借入状況の対策ポイント
MENU

オリコカードに申込するときの借入状況の対策ポイント

 

 

オリコカードに申込をすると借入状況も調べられます

 

一般に、金融機関に申込みをすると、金融機関は必ず申込者の個人信用情報を調べます。

 

これは、申込者がたくさん借金をしていないかや、過去に金融事故などを起こしたことがないかなどを調べるためです。

 

個人信用情報には、過去の延滞や金融事故の情報の他に、現在の借入状況についても記載されています。

 

現在、何社からいくらの借り入れがあって、借入限度額はいくらなのかなど、細かいことまで載っています。

 

よく、申込書類に、他社からの借金の金額を少なめに記入する人が多いようですが、嘘の申告をしても必ずバレて、かえって審査で不利になってしまうので、正直に申告しましょう。

 

さて、オリコカードでも、過去の支払い状況や、現在の借入状況は調べられます。過去の支払い状況については、クレジットカードやローンを利用した記録がなにもないよりは、利用経験があって、良好なクレジットヒストリーを築けているほうが有利になります。

 

しかし、延滞をした記録があると、一気に不利になるので、支払いの延滞には気をつけましょう。

 

総量規制が重要になります

 

オリコカードの審査では、総量規制が重要になります。総量規制とは、2010年に貸金業法が改正されて新しくできた規制のことで、年収の3分の1を超える融資を受けられないという規制のことです。

 

クレジットカードについては、基本的には総量規制の対象外ですが、クレジットカードについているキャッシング枠については、総量規制の対象となるので注意が必要です。

 

例えば、年収が300万円の人の場合、総量規制によって貸金業者では100万円を超える融資は受けられませんので、すでに消費者金融から50万円、クレジットカードのキャッシング枠が50万円ある人は、それ以上の借入ができず、キャッシング枠付きのクレジットカードも持てません。

 

ここで、利用していないカードローンやキャッシング枠も限度額いっぱいまで借りているものとして計算されることに注意が必要です。銀行カードローンや、ショッピング枠だけのクレジットカードは、総量規制の対象外なので、影響はしません。


このページの先頭へ