人気のクレカ!オリコカードの審査と延滞の関係は?
MENU

人気のクレカ!オリコカードの審査と延滞の関係は?

 

 

オリコカードの審査とは

 

一般に、クレジットカードの審査では、年収、勤務形態、勤続年数、借金がある場合はその借入額、個人信用情報などがポイントになります。

 

お金を借りることを目的としていないためか、クレジットカードの審査は、カードローンの審査に比べると、通りやすい傾向があるようです。

 

オリコカードでは、収入のない専業主婦でも申込みができます。

 

ただし、1人暮らしで無職の人では審査に通ることは難しく、専業主婦の場合は、夫に収入があるということがポイントになります。

 

 

カードローンの審査では、勤務先情報に虚偽がないかを調べるために、原則として、職場に在籍確認の電話を行ないます。

 

クレカの審査でも、在籍確認は基本的に行なわれますが、信販会社の中には在籍確認を行なわないところもあるようです。

 

オリコカードも、職場への在籍確認はないという口コミがあります。

 

職場に電話をされるのが嫌だという人には、オリコカードはおすすめです。

 

 

オリコカードの審査と延滞の関係とは

 

ショッピング目的のクレジットカードの審査では、年収の条件はそれほど厳しくなく、年収が200万程度あれば十分に審査に通ります。

 

ただしプラチナカードなどのステータス性の高いクレカは審査が厳しいです。

 

オリコカードについては、年収の条件はそれほど高くなく、年収が100万円を超えていれば申し込んでみる価値はあるでしょう。

 

 

 

 

オリコカードの審査で落ちる原因となるのが、個人信用情報に傷がある場合です。

 

過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがあると、個人信用情報に一定期間記録が残ります。

 

金融機関は審査のときに必ずこの個人信用情報を照会するので、過去の延滞などの記録は金融機関には筒抜けとなっています。

 

延滞が1回や2回ならば、不利にはなるものの、まだ審査に通る可能性はありますが、支払いの滞納が3ヶ月以上続くと、金融事故となり、どこの金融機関の審査にも通らなくなります。

 

金融事故になると、およそ5年間はクレジットカードが作れなくなるので、十分に注意をしましょう。

 


このページの先頭へ