オリコカードのクレカを受取拒否した場合について
MENU

オリコカードのクレカを受取拒否した場合について

 

 

受取を拒否した場合こうなります

 

オリコカードの申し込みを行った後、審査を通過したあとにはクレジットカードが書留で送られてきます。

 

しかし、なんらかの事情で届かずに受取拒否になってしまうこともあります。

 

 

クレカを受取拒否扱いになる場合には、主に仕事などの状況によってうっかりしていて忘れてしまっていた場合や長期不在などによって受け取り先に人がいない状況になりその結果郵便局の保管期限が過ぎてしまった場合などが考えられます。

 

 

書留で送られてきたオリコカードなどのクレカをもしも受取拒否した場合の取り扱いがどうなるかについてですが、基本的にオリコカードに関わらず多くの企業が発行するクレカの場合には受取拒否にしたときには一度会社に差し戻しになって戻されることになります。

 

 

それから発行元の会社の方からもう一度クレカを送り直すのが一般的です。

 

 

また、信販会社側からクレカの利用意志を問う目的で電話がかかってきたり、メールが送られたりくることがあります。

 

 

そうした会社はどちらかといえば良心的な企業といえますが、電話またはメールを受け取った際には自分の意志をはっきりさせておくことが必要です。

 

 

 

カード会社と連絡すること

 

もしもそうした電話またはメールがカード会社側から来ないという場合には自動的に申込キャンセルになるのが通常となります。

 

 

ただし、悪質であることをカード会社が判断した場合には状況によってはその企業との契約は強制的に打ち切られてその結果退会になってしまう場合もありますので、注意を必要とすることもあります。

 

 

その場合には状況によってはもしも他の会社のクレカを申し込むときにも不都合を生じる場合もあるということを利用者はよく認識するべきといえます。

 

 

オリコカードの場合、もしもカードが郵便局などの保管期限を過ぎて会社へと差し戻しされたことに気づいた場合には連絡をすることで再び送ってもらうか、あるいはカード再発行の手続きを行うようにします。

 

その際には気づいた段階ですぐに連絡を取ることが大事です。

 

 

 

書留の場合は内容証明郵便という扱いになります。

 

ですので、特別送達郵便と違い郵便人はその場においてくることができませんので、持ち帰ることになります。

 

長期不在など用があるときにはカード会社と連絡をして送られてくる日を指定しておくことが推奨されます。

 


このページの先頭へ